WARRIORS戦そのⅡ(練習試合)

苦手なダディーズさんから勝利し、意気揚々と滝ケ原へ戻る予定でしたが・・・まさかの大渋滞に巻き込まれますw

結局到着したのは試合開始の15分前。

WARRIORSさんと交渉して多少試合開始を伸ばしてもらいました。

お手数お掛けして申し訳ありません。

同じ場所から向かった福島だけは渋滞に巻き込まれず到着。何故だ(笑)

1番福島 和樹6
2番須藤 隼3
3番高橋 涼5
4番今井 智也2
5番今藤 稜7
6番細田 竜太DH
7番中家 大輝4
8番大野 孝8
9番比留間 達也9
P今藤 渓1

練習試合なので普段来ない選手を使おうと思いきや、その選手たちが軒並み渋滞に巻き込まれて試合開始に間に合わないというイレギュラーが発生。

その為スタメンは1試合目に近い形で組むことに。

ただし小川はマネージャーの妹を送り届ける関係でベンチスタート。

一番の不安は先発投手の今藤渓が準備不足な点でしたが・・・

試合ハイライト

<1回>
WARRIORSさん先攻で始まったこの試合ですが、一番の不安が早々から的中してしまいます。

先発投手の今藤渓が先頭打者にいきなり四球を与えると、4番にレフトオーバーの二塁打(三塁で憤死)を浴びて1点を献上。

連携プレーが上手くいったのは高評価ですが。

ハニーも2つの四球でランナーは出すものの無得点。

<2回>
今日の今藤渓は終日ストレートが走らなかったですね~

2回も先頭打者にいきなり安打を許し、さらに四球でピンチを背負うと送りバントからの連打で3点を失います。

ここまでで0-4のビハインドゲーム。

ですが公式戦に勝った勢いって怖いよね。

WARRIORSさんの先発投手もコントロールに苦しんでおり、四球と安打で0アウト満塁のチャンスを作ると、8番大野が仕返しとばかりにレフトオーバーの三塁打で1点差に詰め寄り、相手WPで一気に同点へと追い付きます。

流石負けない男w

<3回>
しかしピリッとしない今藤渓は、この回も1アウトから2つの四球でランナーを溜めて安打を打たれる悪循環。

4-6と再び2点差を追う展開となります。

ハニーは三者凡退で、かつ前の回の死球で足を痛めた須藤が途中交代。

2試合目から来たのにアイツは何をしに来たんだ(笑)

<4回>
この流れを変えるべくマウンドに上がったのは今藤陸。

今日は良い日だったらしく簡単に三者凡退で抑えると、再びハニーも反撃に転換します。

7番から4者連続の四死球で1点返し、満塁で打席にはケガで消えた須藤に代わって到着した小川。

はい。確定演出ですね。

左中間へ本塁打を放って4打点の荒稼ぎをしていきました。

それに負けじと4番今井もレフトへ大飛球の本塁打でこの回6点目。

10-6で逆転です!

<5回>
調子が良いとテンポも良いのが今藤陸の投球。

1アウトから死球(厳しいぜ審判w)でランナーを出したが、関係無く内野ゴロの山を築く。

<6回>
シーズンも後半戦に突入し、タイトル争いも激しくなってきた今日この頃。

打点王争いでは小川と大野が熾烈なバトルを繰り広げております。

初回に3打点を挙げて追い付いた予定だった大野でしたが、小川が代打でまさかの満塁本塁打。

まさかの1打点差を付けられましたが、6回に本塁打を放ちましたw

ですが今藤陸がこの回粘られて四球と自身のエラーで得点圏にランナーを背負うと、ライトへの安打で1点を失います。

(詳しく言うとライト冨塚が再びライトゴロを狙えるチャンスだったのだけど、、、まさかの暴投wなんでやねん!)

<7回>
ハニーが三者凡退で倒れて迎えた7回裏、エラーと安打で1アウト1塁3塁のピンチを迎えたが、ツーシームでセカンドゴロ併殺に抑えて試合終了。

序盤はどうなることかと思いきや、何とか勝利っす!

戦評

WARRIORSさんには前回も鋭い打球を放っていたイメージがあります。

今回も今藤渓が見事に捕まってしまいました。

まぁ彼はイレギュラー時の登板が非常に弱いのでw、次回は上手く調整してきてくれることでしょう。

打線の方は安打数を上回る11得点と、珍しく長打が多かったなーと。

しかし打撃は水物ですからね、、、それよりもエラーや四死球で無駄な失点を減らすほうに注力を注ぎたい。

まだまだ課題はありますが、4連勝乙!